Categories

Archives

others

鳳凰小屋の営業再開後の新型コロナ対策について(5/23)

「鳳凰小屋の営業再開後の新型コロナ対策」についてまとめました。(5月22日時点)


※鳳凰小屋は現在、6月10日(水)まで休業中です。その後、6月中旬からの営業再開を目指しています。



◆テント泊について


韮崎市とも協議いたしましたが、【テント泊の受付につきましては、今シーズンは当面休止とさせていただく方針です。】


詳しくはこちらの記事にまとめております。↓

http://blog.houougoya.jp/?eid=1214932

ご不便をお掛けいたしますが、ご理解ご協力のほど、何とぞよろしくお願い申し上げます。



◆小屋の宿泊について


 擶超蛤導後は電話での完全予約制とさせていただきます】


今シーズンは宿泊人数や団体数を制限させていただくため、電話での完全予約制とさせていただきます。

ご予約が一杯になった場合、ご予約を承れないこともございます。何とぞご了承ください。


鳳凰小屋連絡所 0551-27-2466 (8時〜19時)



∨英狆屋に到着されたら水場で手洗いをお願いいたします


【新型コロナ対策として最も有効な手段は、手指の消毒】です。

到着されたら水場で手や顔などを洗い、少し落ち着かれてから受付に進ませていただきます。



受付前にスクリーニングを行います


【受付をしていただく前に、宿泊の方全員の検温と体調のチェックをさせていただきます。】

(※検温は肌に触れない体温計を使います。)


お客様の方でも事前に登られる前に検温や体調のチェックにご協力をお願いいたします。登られている時も体調に気を配り、体調が優れない場合は決して無理をされないでください。

無理をして小屋で体調が悪化した場合、その後がとても大変です。



ぁ攵屋内ではマスクの着用をお願いいたします】


感染防止のため、お客様の方でマスクをお持ちいただくようお願いいたします。



サ戮鵑任い燭世お部屋について 〜ゾーニング〜


鳳凰小屋では間仕切りを使わず、お客様同士の間隔を空ける形(ゾーニング)で感染防止の対策とさせていただく予定です。

(※今後変更の可能性もあります)



寝具について 〜下記のいずれかをお持ちください〜


鳳凰小屋では寝具の貸し出しを行います。寝具が直接肌に触れないよう、

【必ずお客様の方で、

・枕カバーとシーツ

・インナーシュラフ

・シュラフカバー

・寝袋

のいずれかをお持ちいただくよう、お願いいたします。】

(※今後変更する可能性あり)


また、換気を徹底するため、部屋の窓を開けた状態にする予定です。寒さが気になる方は防寒のご用意もお願いいたします。



Э事も間隔に余裕をもって


鳳凰小屋では、夕食と朝食、翌日のお弁当を提供させていただきます。(※今後変更の可能性あり)


食事は従来の相席では感染リスクが高まりますので、 

・食事一回ごとの人数を減らし、十分な距離を空ける

・グループ毎に食事する場所や時間をずらす

などの工夫を必要に応じて行う予定です。


なお、天気のよい日は外のベンチで食事をしていただこうと考えております。スタッフはいつも外で朝食をしていますが、思った以上に気持ちがいいものですよ。



┘肇ぅ譴隆鏡リスクを減らすために


山小屋のトイレは、閉鎖された共有スペースですので、感染のリスクがあります。


糞便からの感染リスクは低いようですが、便器やドアノブなどを通しての感染を防ぐ必要があります。


対策として、一番重要なのは手指の消毒です。【トイレに行く前後に水場での手洗いの徹底をお願いいたします。】


また、スタッフの方でも一日に数回は清掃・消毒を行いますが、限界がありますので、お客様の側でも消毒スプレーや除菌シートなどをお持ちいただくのが安心かと存じます。


---------------------------------

以上です。また変更点などあれば、お知らせしたいと思います。


自粛の間にで体力が落ちてらっしゃる方が多いかと思いますので、登山を再開される際は無理をせず里山などから徐々にペースを上げていかれてください。


皆様と山でお会いできる日を楽しみにしております。



アオト


【重要】)英狆屋の休業期間を6月10日(水)まで延長いたします。営業再開後の宿泊形態について。


◆5月31日(日)までとお知らせしていた【鳳凰小屋の休業期間を6月10日(水)まで延長いたします。】よろしくお願いいたします。


現在、その後の営業再開に向けて準備を進めているところです。


営業再開後の宿泊形態については以下のように考えております。↓


◆営業再開後の小屋の宿泊について

・小屋の宿泊は完全予約制とし、宿泊人数や団体数を制限させていただく形といたします。


・食事は夕食と朝食は提供させていただきますが、当面の間、お弁当は無しとさせていただきます。

密集を避けるために、屋外での食事またはグループ毎に時間を分けての屋内での食事になります。ご了承ください。


・マスクをご持参いただき、小屋内では必ずマスクの着用をお願いいたします。


・寝具の貸し出しは行います。必ずシーツと枕カバー、シュラフカバー、寝袋のいずれかを各自ご持参いただくようお願いいたします。


・基本的に窓を開けて空気が入れ替わる状態にいたします。寒さが気になる方は防寒のご用意をお願いいたします。


・アルコール消毒スプレーなどはできる限りご用意いたしますが、共有を避けるためにも、各自ご自分のものをご用意いただきますようお願いいたします。



◆テント泊の休止について

・県や市と相談中ですが、今シーズンはテント泊でのご利用をお断りさせていただこうと考えております。

理由は、鳳凰小屋のテント場は狭く、10張程度で密集した状態となってしまうためです。営業再開すれば、その数を容易に超えてしまうと思われます。

(※テント場予約制などの代案も考えました。しかし、予約外のテント泊者があった場合、その人を小屋に収容しなければならず、結局小屋での過密状態を作り出してしまいますし、予約されている方との平等性にも欠けます。)

今季の1〜3人という最低限のスタッフ数では対応困難なこともあり、今シーズンだけはそのような対応にさせていただこうと考えております。楽しみにされていた方も多い中、誠に申し訳ございませんが、ご承知おきください。



なお、休業期間および営業再開の日程は、感染拡大の状況、県や市からの要請などによって変更される場合があります。営業形態についても同様です。その際はこちらのブログにてお知らせします。



鳳凰小屋


ヘリ荷揚げの準備とハクウンボク

登山口へと向かう小武川林道ではハクウンボクが白くてきれいな花を咲かせています。


花を眺めながら登山口の御座石鉱泉へ。

ここを拠点にヘリ荷揚げの準備を進めています。


今の山小屋の経営スタイルでは、燃料やガスボンベ、飲み物・食料など、人力ではとても担ぎ上げられないものが多くあります。


これらを運ぶためにはヘリコプターでの荷揚げが不可欠です。鳳凰小屋のような小さな規模の山小屋ではシーズン始めにだけヘリコプターを飛ばすようにしています。


天気が悪い日が続くと、その間ヘリが飛べず、買い出ししておいた食料がダメになったり…と、なかなかうまく行かないこともあります。


(5/15 下山時の人手が多い時を見計らってパネルやブルーシートの準備)


今年は順調に行くといいなぁ。


アオト


このエキゾチックな花は何でしょう。トマトの花に似ています。

2020052210170001.jpg
今の季節、畑では必ずあると言う程のポピュラーな野菜の花です。トマトや茄子の仲間のジャガイモの花です。実がなるとミニトマトにそっくりです。花はエキゾチックで観賞に価します。今が花盛りですが花を咲かせると養分が花に行ってしまうとこの地域では摘んでしまいます。
なかなかの花ですので機会がありましたならば観察したらいかがですか。ところでサツマイモの食べる部分は根ですがジャガイモは茎なんです。 細田倖市

甲州小梅の収穫をしました。今年は不作でした、花が咲いた2月が天候が不順だったからか。

2020052409070002.jpg
甲州小梅の収穫作業を小屋のスタッフを交えてしました。予想外に不作でした。今年は天候が不順、不安定だったので花の咲くまでは良かったのですが咲いてから雨が降らず不安定な天候が作用したのか実が成長しないで枯れてしまった。初めは雲があり風が涼しく、作業しやすかったが昼頃からは気温があがり風も止み、あつかった、暑かった。
この梅は小屋で使います。
細田倖市

        
| 1/1256PAGES | >>