Categories

Archives

others

NHK「にっぽん百名山」鳳凰三山の再放送は、12月16日(月)お昼12:30〜です

先日は、NHK「にっぽん百名山」の鳳凰三山の回をご覧いただきまして、ありがとうございました。


お見逃しの方は、再放送がございますので、ぜひご覧ください。

12月16日(月)お昼12:30〜です。



撮影隊の皆様がいらっしゃっていた時の鳳凰三山の風景を下に紹介します。↓


落葉松(からまつ)の黄葉。


たまたま見つけたコゲラ。木をつついていました。


地蔵岳。奥には八ヶ岳。


北岳・間ノ岳・農鳥岳。


雲多けれど輝くような朝。


山から下りた今となっては懐かしい風景ばかりです。



アオト


初冬の塩見岳に行って来ました


小屋仲間の田口さんと塩見岳に行って来ました。

鳥倉林道から三伏峠小屋を利用させていただいて一泊二日。今年も今のところ雪が少なく、何とかこの日程で歩いて来れました。


実は小屋閉め前の11月2日に不覚にも転んで尾てい骨を骨折してしまい、仲間に支えられつつ他のみなより1日早く下山していました。

それ以来、ずいぶんと長い養生になりまもましたが、ようやく傷も癒え、いくらか重い荷物を背負って山を歩けるようになりました。


三伏山より塩見岳


塩見小屋より塩見岳


塩見岳は南アルプスの中央に位置するため、南アルプスの北部も南部もほとんどの山を一望できました。


残念ながら鳳凰三山は農鳥岳に隠れているので、ちょうど見えません…(;^_^A 高嶺ならちょこっと見えます。


今回一番うれしかったのは、親しみ深い白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)を鳳凰三山とは反対側の面から見ることができたことでした。年始に念願の三山縦走を果たした思い入れの強い山域でもあり喜びもひとしお。

こちらからの間ノ岳・農鳥岳も重厚でいいなぁ。


山頂直下、急傾斜のトラバース


今回は雪が少なかったので、夏道通しでかなり楽をさせてもらいましたが、きちんと雪があれば塩見岳はテント泊で3泊4日以上の山。塩見小屋まで猛ラッセルを強いられ、そこから上の急傾斜ではきちんとアイゼンを使えないと危険です。ほとんどのパーティーがロープを使うようです。


そんな総合的な冬山の経験と技術が必要な山ですので、冬山登山を計画される際はくれぐれも慎重に計画を立てられてください。


ともあれ、よいお山の復帰戦となりました。同行の田口さんに感謝。やはり山はよいです。



アオト


NHK「にっぽん百名山」鳳凰三山の放送がいよいよ明日です!

【写真】撮影クルーの皆さまと 10/31


NHK BSプレミアム《にっぽん百名山》

12月9日(月)19:30〜20:00

「鳳凰山〜大展望の白き稜線を行く〜」

https://www4.nhk.or.jp/100yama/x/2019-12-09/10/21300/2634228/


いよいよ放送が明日に迫りました。


10月末に撮影された映像です。どんな放送になるのか、ぼくたちスタッフも楽しみにしています。


今回は鳳凰三山の美しい景色に加え、細田倖市オーナーの貴重なインタビューもたぶんあるはず!どうぞご期待ください(^^)/


アオト


今夜のNHK、 BSのグレートトラバースは塩見岳から白根三山。そして鳳凰から富士山でした。

2019101611530000.jpg
日本アルプス最後の一座、鳳凰三山。塩見岳から白根三山そして日本アルプス最後の一座、鳳凰三山にそして富士山。日本高山トップスリーの旅を楽しく見終わりました。農鳥小屋の親父さんの元気な姿が拝見できました。 細田倖市

今までに食べたことがない、とびっきりの美味しい葡萄を頂きました。

2019120716150000.jpg
昨日まで畑で木に付いていたブドウ。霜が降りるからと収穫した葡萄を自宅まで届けに来てくれました。鳳凰小屋の仲間であり又葡萄栽培をしている彼女の育てたシャインマスカットはとびっきりの甘さと美味しさでした。こんなにも味わいの深い葡萄とは初めての出逢いでした。きよさん有り難う。感激感謝です。 寒さが増すと葡萄も自分を守るために頑張っているんですね。
細田倖市

        
| 1/1226PAGES | >>