Categories

Archives

others

カネコさんと山の味。スタッフ増員のお知らせ。


こんにちは


皆さんはキノコ、お好きですか?


僕は人並みに好きです。特に、炊き込みご飯のシメジが好きです。それがマツタケであれば尚のこと。


しかし、世の中には度を超えた人達がいます。

……キノコ界も例外なく。


そして先日、一人の方がいらっしゃいました。

度を超えたキノコ好き、カネコさんです…! (写真中央)


鳳凰小屋ではお馴染み、最古参のOBの一人です。


カネコさんの知識や経験はマツタケや食用のキノコに収まらず、最近では地下生菌という地面の中で丸く成長するキノコ (トリュフが有名) の収集に力を入れているそうで、これまで始めて半年間程で17種も見つけたそうです。

しかも今回も新種らしき地下生菌を見つけてらっしゃいました……!


地中にあるキノコを探すのは本来非常に困難な作業なのですが、カネコさん曰く、虫屋としての感覚がそこに生かされているそうです。


まだまだ未開の分野らしく、今日本の図鑑に載っている百種よりも、実際は更に種類が多いそう。


地下生菌の大図鑑の完成を願う、そんなカネコさんがお土産にとってきてくれたのが……


「マスタケ」です!


料理人であるカネコさんが、さっそく味噌炒めにしてくれたのですが、、、山の味がする……!

美味しいものをサッと作れる(しかもキノコは自前!)カネコさんにはおそれいります。


一晩で帰られましたが、またカネコさんに会える日が楽しみでなりません。


ご馳走様でした!



お客さんも少なく、スタッフも2人の寂しい日々が続きましたが、明日には鳳凰のマドンナことチカさんが上がって来ます…!

今週末はお客さんの予約もたくさんいただいており、週末スタッフも来る予定……!

これは賑やかになる予感です〜


晴れろよ、週末!


それでは〜



トミタ


せこちおいど?!

15852021707680.jpg

セコチオイドって言ってもわかりませんよね(^^;

柄と傘をもつキノコ(ハラタケ型)が球状(トリュフ型)へと進化する途中の段階のことで、セコチオイド型といいます。

この冬にみつけたキノコで一番驚いたのがこれ。Σ(゜Д゜)

(写真はその断面)

日本ではほとんど見つかっていないタイプのキノコで、ベニタケ属の一種です。


かねこ


黒いダイヤ?!

15792499714680.jpg

休日はひたすらほじほじ( ̄σ・ ̄) …を続けること1ヶ月💧

ついに、、、きたーー\(^o^)/

黒トリュフ(イボセイヨウショウロ)です♪


かねこ


チカセイキン?!

15776257193660.jpg

チカちゃんのことではありません 笑

最近僕は地下生菌探しに凝っています。

文字通り地下に生えるキノコのことで、進化の過程で傘を広げるのを諦めた変わり者です。

だいたいはコロンとした形をしています。

トリュフなんかが有名ですね。

暇をみてはそこら辺の林でほじほじしています

( ̄σ・ ̄)

写真は箱根でみつけたジャガイモタケです。

半分に割って、表面と中身のようすがわかるようにしてみました。

なんの仲間かわかるかな〜??

正解は………、まさかのイグチ科です(^^)


かねこ


今年のきのこ振り返り

15739400565130.jpg

今年の秋はM茸を含めて、きのこ全般に大不況の年でした。

鳳凰に限らず、全国的にその傾向が強かったようです。


京都では一時、松茸にキロ27万円の値段が付いたんだとか!?(なんじゃそりゃ

((((゜゜;))


だらだらと連載しましたが、小屋閉めも済んだことですし、今年はこれにて終了です(^^;


こちらは、ブログで恥をかきたくなかったので、只今きのこの勉強をしなおしています。そのなかで何人かきのこ仲間ができ、来年のテーマのようなものが幾つかできました。

今年紹介できなかった種類は無尽蔵にあります。冬の間にしっかりと知識をため込もうと思っています。


てかこのシリーズ、来年もやる??


かねこ


キヌメリガサ

15718221482150.jpg

先日の台風の被害、大変でしたね。

登山道や小屋の情報発信を優先に考え、きのこネタを自粛していたのですが、少しは落ち着いたのかな??ぼちぼち再開しますね。


ということで、キヌメリガサです。わりと晩秋に発生するキノコなので、こいつが沢山でてきたら、そろそろきのこシーズンはおしまい。

燕頭〜鳳凰小屋にかけて、所々で群生しています。


ナメコほどではないけどヌメリがあって、酢の物やオロシ和えなどの色目を生かした料理に向きます。

生食もOKのようですが、さっと湯通しして使ってます。


かねこ


ハナイグチ

15707147361930.jpg

トミタ君が先程の記事に載せていたイグチ。

正式な和名はハナイグチです。地方によってはジコボウとか落葉(ラクヨウ)といった俗称で呼ばれています。

カラマツの根っこと共生する外生菌根菌(ちょっと難しいかな?) です。

幼菌は写真のような姿をしています。

傘にぬめりがあって、ナメコと同じように使えるとても美味しいキノコです。


かねこ


コウタケ(香茸)!

15705342208440.jpg

先日、コウタケ属の不明種(ケロウジ?)を記事で紹介しましたが、こちらは本物!

傘の中心が漏斗状に窪む特徴を持っていて、裏側は針のような突起物に覆われます。

名前からもわかるように、とてもイイ匂いです(*´∀`)

道の駅や山菜の直売所ではかなりの高値で売られているようです。


先週末にそこそこ収穫できたので、持って帰って自宅の部屋で干しています。

それを水でもどして、汁ごと炊き込み御飯や吸い物に料理するのがもう最高!!



かねこ


オシロイシメジ

15696786946011.jpg

以前は大量に生えるポイントがあったのですが、その場所は大雨で消失したようです。先日見に行った際にはありませんでした。

その名のとおり、純白のきれいなキノコです!

毒キノコとする説もありますが、小屋では何十年も前から味噌汁に入れて食べてます。

白いキノコには猛毒なのも多いので、同定に自信のないかたは食べちゃダメ!


かねこ


ケロウジ? その後

15690688064420.jpg

こんばんは!かねこです。先日コウタケ属の不明種として紹介したケロウジ?の続編です。


どうしても正体が知りたくなり、今年デビューしたスマホをフル活用して調べていたら、青森のM師匠(と勝手に呼ばせていただきます!)より日本産きのこ目録というのがあるよ、という情報が!(わくわく)


早速入手してコウタケ属の一覧をみたらナント!!、2016年の時点で学名が無い仮称のものも含めて15種以上記録されていることが判明しました。


かじってペッとやった時に放り投げてしまったのですが、標本にしておけばよかったですね!


正体が知りたくて調べていたのに、ますます解らなくなってしまいました(笑)


・・・ということで、ケロウジ?の話はこれでオシマイ!

写真は昨日職場の玄関に紛れこんでグーグー寝ていたむささび君です〜〜〜(m--)m


かねこ


        
| 1/4PAGES | >>