Categories

Archives

others

K2から届いた葉書

15338117242300.jpg
「アッサラームアライクム!アオトさん、元気に鳳凰小屋で小屋番されていますか?」

二ヶ月ほど前、こんなハガキが鳳凰小屋に届きました。
ハガキの送り主は田口さん。今春の鳳凰小屋GWスタッフとして、また「北岳肩の小屋のT氏」として、当ブログでもおなじみの山男です。

彼は世界第二位の高峰K2(8,611m)に挑戦するため、5月末に日本を出発。ハガキは行き先のパキスタンから送られて来たものでした。

彼の所属するK2登山隊は6月8日にベースキャンプ入り。南東稜(アブルッツィ稜)にルートを取って山頂を目指しました。
そしてルート工作・高度順応・悪天候による停滞などを経て、ひと月半を経た7月22日。ついに8,611mの山頂に立ったのでした。

アタック日は、最終キャンプから山頂まで実に14時間の登攀。果てしなく遠い頂(いただき)だったそうですが、これ以上ない天気に恵まれ、眼下にはマッシャーブルム・チョゴリザなど、高峰たちの壮大なパノラマ。「空の濃い青色が印象的でした」とも言っていました。きっと彼の山に対する真摯(しんし)な姿勢が天に届いたのでしょう。

無事下山し、明日には日本に帰って来る田口さん。
お帰りなさい。そしてお疲れさまです。

成田までは迎えに上がれそうもありませんが、家に帰って壮大な山旅の疲れを癒してください。
落ち着いたら、ぜひ鳳凰小屋にも。オーナーとみんなと飲むのを楽しみにしています。


アオト

コメント
ひろさん

先日のコメントのお返事で、書こうと思っていたブログというのが、このK2記事でした(ずいぶん遅くなりましたが、やっと書けました)。
T氏も顔の広い人なので、鳳凰小屋に来るのはずいぶん先になるのかな。タイミングよくご一緒できそうでしたら、ぜひぜひ。

ちなみに某ブログの主は、今週末・来週末と鳳凰小屋の手伝いに来てくれる予定です。

私の方はどうなることやらわかりませんが(笑)、いつでも今年一年と思って精一杯がんばりたいものです。
  • アオト
  • 2018/08/10 10:07 AM
GWの時に自分も国旗にちょこっと書かせていただきましたが、その後も気になり某ブログの壮行会やface bookなどの情報を見させていただきました。明日帰国とのことですが、鳳凰小屋or肩の小屋で会う機会がございましたら、K2でのお話を楽しみにしております。アオトさんも安全登山でのご活躍を期待したいのですが、しばらく(一生?)は鳳凰小屋で頑張っていただきたいと思います。
  • ひろ
  • 2018/08/09 9:01 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック