Categories

Archives

others

雨の鳳凰小屋風景。

DCIM8512.jpg
午後からは雨。1斗缶で火を焚き、お湯沸かし燠を作り炬燵に入れて暖をとる、もうとうに見られなくなってしまった終戦直後のような遠い昔の風景。昔と変わらない風景もある鳳凰小屋です。
人の声も無く、小鳥の声も絶えひたすら雨の音のみ。トタンの屋根に降る音、雨垂れや木々の滴の音、風に乗り吹き付ける音、ただ、只雨の音のみの鳳凰小屋の夕暮れです。
細田倖市

コメント
煙の中の黒く煤けた薬缶、昔、小屋の前で見た光景、夕闇の中の雨に煙るヤナギランの白い穂、晴れれば紅葉に燃え、そして十月、そろそろ冬支度の鳳凰ですね。
  • Sasaki
  • 2018/09/25 7:51 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック