Categories

Archives

others

鳳凰歩荷・三銃士

こんにちは、トミタです。

秋の訪れを感じる今日この頃、鳳凰では紅葉がだんだんと進んでいます。

紅葉の盛りまでもう間近。鮮やかに染まる鳳凰が楽しみでなりません。

だいぶ色づいていますねー

これは昨日、歩荷(ぼっか)しに下る時に撮ったものです。


…そう。昨日は歩荷の日だったのです。


歩荷とは何か!?(唐突)

歩いて荷を背負って運ぶ事です。

尾瀬の歩荷さんが有名ですね。


流石に100kg背負うことはありませんが、今回はタマネギやジャガイモ、タマゴなど1人当たり20〜30kg背負って3人で歩荷しました。


荷物を背負うとこんな感じ。

こちらは歩荷を終えたナミさんです。銀行強盗でも怪しい訪問販売でもありません。

手に持っているのはイグチというキノコです。どら焼きではありません。お間違えの無いように。


アオトさんとナミさんと僕の男3人で御座石方面からヨイショヨイショと運ぶわけですが、これがまたなかなかのトレーニングになります。体を鍛えるにはちょうどいいかも……。


その証拠に、小屋番4年目のアオトさんは僕を追い抜きコースタイムの約7割の時間で小屋まで登りました。僕より重い約30kgの荷物を背負っていたにもかかわらず、です。

(かくいう僕は概ねコースタイム通りでした)


まだまだ自分が未熟であることを実感させられた今回の歩荷でしたが、なんだかんだで好きな山を歩ける歩荷という仕事は嫌いではありません。

え?じゃあ進んでやりたいかって?……それはちょっとなぁ(貧弱)


アオトさん曰く今シーズン最後になるであろう今回の歩荷の様子を、秋の迫る鳳凰からお届けしました。


それではまたお会いしましょう〜


トミタ


コメント
コメントありがとうございます!
若いうちに体をいじめておけ、と父からも言われ、その通り体を使っているところです。
…効果が出ると良いのですが。
秋の鳳凰も良いですよ!お待ちしています!
  • トミタ
  • 2019/10/09 11:01 AM
 歩荷、牧歌、とてもいい響きでね。
 私は、もう歩荷は無理ですね。ある意味、羨ましいです。お疲れさまでした。いつの日にか、鳳凰小屋をおとうのてみたいと切望しています今日この頃。
  • アルト
  • 2019/10/08 11:01 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック