Categories

Archives

others

【登山道情報&稜線風景】2月24日 御座石鉱泉〜鳳凰小屋〜地蔵岳 その2

今日は鳳凰三山の地蔵岳の稜線の様子を紹介します。


樹林からのぞく朝焼けの富士。


鳳凰小屋から上の樹林は雪がしまって快適です。


急登ですぐに暑くなるので、ウェアは着込みすぎないようにしましょう。


森林限界を越えると、冬山特有の強烈な西風にさらされます。

,任るだけ汗をかかないで登る(汗冷えしないように)

⊆林帯を出たら、すぐにハードシェルを着られるようにするのがおすすめです。


強風を乗り越えて、賽の河原で喜びのポーズ。


お地蔵さんたちの奥には秀峰、甲斐駒ヶ岳。雪に映えます。


風が吹き抜ける強風地帯ですが、可能な限りゆっくりときた時間を過ごしたいところです。


鳳凰小屋から登った方は、賽の河原で終わらず、ぜひ絶景の待つアカヌケ沢ノ頭まで行ってみてください!


シュカブラ。風と雪が織り成す文様です。


アカヌケ沢ノ頭は、地蔵岳(オベリスク)のビューポイントです。


白峰三山の山並みもきれいです。


北岳と間ノ岳。3,000m峰にはたっぷりと雪があるのが見てとれます。バットレスが見事!


仙丈ヶ岳のカールも真っ白。



記念撮影をして、景色に後ろ髪を引かれつつ下山しました。


暖冬で町は雪が少ない今年ですが、山の上にはそれなりにしっかり雪があるようです。


今後、南岸低気圧が来れば、もう少し積雪が増えるかもしれませんね。



写真 小池さん

文 アオト


コメント
かねこさん

今のところ、そんな感じですね。ただ去年も3月入った時点で真っ黒だったので、気が抜けません。どっかで反動あるかも。
GWはにぎやかになりそうですね。楽しみにしてます。
  • アオト
  • 2020/02/28 12:23 AM
例年よりはちょっと雪少なめかな?
今年はGWにおじゃまするつもりです♪
  • かねこ
  • 2020/02/27 11:09 PM
コメントする