Categories

Archives

others

鳳凰小屋の様子を見に行って来ました【登山道情報】(5/7-8)

今季二度目の鳳凰小屋の下見に行って来ました。

山小屋の営業再開への道筋は未だ見えませんが、希望を捨てず、小屋と登山道の維持管理を続けていきたいと思います。


※鳳凰小屋は山梨県からの要請を受け、5月31日まで休業中です。トイレや冬季小屋など小屋の施設も閉鎖中です。


※青木鉱泉・御座石鉱泉鉱泉に至る小武川林道も、山梨県と韮崎市から5月31日まで入山自粛の要請が出ています。御座石鉱泉の無料市営駐車場も同様です。



【登山道情報】

◆登山道の下の方は新緑と春の花々。

今回も《燕頭山コース》(御座石鉱泉〜鳳凰小屋)から登りました。


登山道の下の方は新緑がきれいです。

スミレに

エンレイソウ。

オオヤマザクラやミツバツツジ、キジムシロ、オオカメノキなども咲いています。



◆登山道の上部は雪の踏み抜き真っ盛り。


5月に入って気温が高くなり、登山道の雪は徐々に溶けてきています。ただし、その影響で標高2,200m以上では盛大に踏み抜きます。

(※写真は昨年のものです)

雪が堅くて全く沈まないこともあれば、表面の雪が崩れて膝や太ももまで沈むこともあります。

そんなロシアンルーレットのような踏み抜きが小屋まで延々と続きます。この時期は一年のうちで一番厄介な時期かもしれません。


一番嫌なのは、片足を踏み抜いた状態から脱出しようと、もう片足を踏ん張った瞬間に、

両足とも踏み抜くというパターンです。脱出がとても大変です。

(※写真の人は余裕そうですが本当は大変です)

こんな状態ですので、今回も普段なら1時間程度で歩ける燕頭山〜鳳凰小屋の区間に4時間ほどかかってしまいました。

特に今年は入山自粛にご協力いただいていてトレース(踏み跡)が一切無いため、例年以上に踏み抜きが激しいように思います。


登山道脇から甲斐駒ヶ岳


富士見岩から富士山


鳳凰小屋到着。

雪の重みで小屋が壊れていないか、雪が溶けて小屋の中を水浸しにしていないかなど、心配しながらいつも登ります。無事なようでほっとひと息です。


今回は登山道の確認がてら稜線にも行って来ました。次回はそちらの写真も紹介したいと思います。

(続く)



アオト

------------------------------

◆追記

※なお、《ドンドコ沢コース》(青木鉱泉〜鳳凰小屋) は、昨年の台風19号の影響で登山道が崩落しているため現在通行止めです。雪がたまりやすい沢道なので、今入ったら踏み抜きで大変なことになると思います。


コメント
コメントする