Categories

Archives

others

早朝さんぽ、地蔵岳。


おはようございます。


今朝の天気予報はくもり。

実際にも、くもりです。


山の朝のくもりが何を意味するか…?


そう。


朝焼け!


、、、になるかもしれないということです。


ならば、早起きして上に行くっきゃないっ!


……


で、日の出。


ちょっと寝坊して、賽の河原の少し下あたりで迎えました。


しかし、太陽が山の向こうで、しかもどうやら雲に隠れてしまっている様子。


上空の雲と下層の雲の間から顔を出すのがベストなのですが、、、。


その場合↓

こうなります。


また次回に期待です。

でも、少し焼けてて綺麗…。


今日の富士山↓

もうだいぶ雪が溶けましたね。


さて、オベリスクを眺めるに最適な場所があります。

赤抜沢ノ頭です。


賽の河原から10分程登ったピークがそこになります。


道中可愛らしい花が。


なんという花だろう?


戻って調べたら「ツマトリソウ」という名でした。


「花弁の縁に見られる紅色の縁取りを、和服の"褄とり"に見立て名付けられました。」


なるほど。

しかし、「褄とり」を僕は知りません。

現代っ子ですね。


そして、赤抜沢ノ頭に到着。

オベリスク、カッコいい〜!


古来、その姿を仏に見立てて大日如来と呼んでいたそうです。


が、今ではそれも薄れてしまった物語なのかもしれません。


山を歩くと様々な出会いがあります。

人、花、動物、歴史、、、。


景色だけでは無い、奥深い山々を、そして鳳凰三山を歩いてはいかがでしょうか?


鳳凰小屋もお待ちしてますよ…!


いらっしゃる際は十分な計画と準備、感染拡大防止の対策にご協力くださいね。


それでは!



トミタ


コメント
コメントする