Categories

Archives

others

あれ〜ツクシがもう顔を出している。今日も暖かく晴れているが薄く雲がある天気です。鳳凰三山は朝は綺麗に見えていたが昼からは雲に隠れてしまいまい夕方には雨になりました。

2020022211010000.jpg
今日も暖かく野原や釜無川沿いを散策して春の香りや土の匂いなどを楽しんで来ました。このところの暖かさで川の水も増し、柳の枝先に変化が見られ春を感じました。富士山は春霞の中に薄く隠れぼんやりと見えていました。ホトケノザやセイヨウタンポポやオオイヌノフグリの空色の花も目立つようになりました。チョウゲンボウは番で飛んでいました。梅の香りは離れていても爽やかな良い香りが漂って来ていました。ふと足元を見ると土筆を踏みつけるところでした。もう顔を出しているんだと気の早い土筆に感動とまだ寒さが来る季節なので心配になりました。身近なとこれでも今の季節は春を感じ変化を感じる事が出来るので野に出たり自然に身を委ねませんか。心がウキウキして知らずに、ポーランド民謡、小林幹治、作詞の「春がよんでるよ」を口ずさんでいました。 春がよんでるよ
ひばりの子すずめの子 飛びながら何を見た ホ-ヨホヨヨ ホ-ヨホヨヨ春がよんでるよ あの土手に寝転んで お弁当食べたいな ホ-ヨホヨヨホ-ヨホヨヨ春はすてきだよ
もぐらの子かえるのこ 動き出せ目を覚ませホ-ヨホヨヨホ-ヨホヨヨ春がよんでるよ ほがらかに歌う空 若草も声合わせホ-ヨホヨヨホ-ヨホヨヨ春の歌声よ。この歌は1963年3月にNHKみんなの歌で放送されました。
細田倖市

塩ノ山で友人と久々の再会

先週、山仲間に誘われ、山梨県の塩ノ山に行って来ました。


塩ノ山は、甲州市の塩山(えんざん)に位置する里山。甲府盆地という海原に孤島のごとくぽっかりと浮かぶ特徴的な山です。



登山口の向獄寺(こうがくじ)に集った山仲間たち。この日のメインゲストは、タイヨーくん(中央)でした。

彼は南アルプスの難峰、蝙蝠岳(こうもりだけ)に単独で挑み、見事厳冬期に登頂を果たしたり、

また、20日間かけて「山梨県境一周一筆書き」という荒業を行った猛者(もさ)でもあります。(ヤマレコを見られる方はこちら↓)

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1649410.html


医師を目指す彼は最近忙しくて山に行けず、久々の山行。そんな彼に会おうと山仲間が集いました。


登りは.痢璽泪襯襦璽箸らハイキングで山頂を目指す隊と、▲丱螢─璽轡腑鵐襦璽(地図に無い道)を行く隊の2グループに分かれました。


ぼくはバリエーションルート隊へ。

地元のタナベさん(※)のご指導のもと、山頂直登岩稜ルートを行きます。ルートというかもはや道無き道。ものすごい急登あり…。絶対に滑ってはいけないところもあり…。踏み出す一歩に魂を乗せます。

塩ノ山でまさか命のやり取りをすることになるとは…(^^;)

(※ちなみにタナベさんは、塩ノ山をそれぞれ異なるルートから1日に3往復してトレーニングされるそうです。見事なへんた…強者さんです。)


20分ほどで無事登頂。こんな553mの低山でこんな緊張感と達成感を味わうとは思いませんでした(笑)

塩ノ山山頂からは、富士山や南アルプスが望めます。写真の白い山は、右から悪沢岳、赤石岳、聖岳。見事な眺めでした。


山頂で別働隊と合流し、記念写真。手に持っているのは、なぜか〇ポビタンDのパチもんです。

低山なれど、とっても楽しい山歩きでした。


タイヨーくん、お医者さんの修行がんば!また山で会いましょう!(^o^)/



アオト


お蕎麦の名店、長坂翁さんへ

波さんを連れて、お蕎麦の名店長坂翁さんへ行って来ました。

翁の大将は山屋さん。鳳凰小屋にも毎年登りに来てくださっています。


昨シーズンはお弟子のたかしさんと一緒に、鳳凰小屋までお蕎麦を持って来てくださったこともあって、スタッフ一同とても驚かされました(※蕎麦を山に持って来るのはとても難しいことです)。


今回もおいしいお蕎麦をご馳走様でした(^人^)また伺います。



アオト


鳳凰三山は良く見える晴れ。キジバトがチョウゲンボウの餌食になっていた。

2020022012060001.jpg
今日は暖かい薄く雲がある晴れのひです。鳳凰三山は綺麗に見えます。八ヶ岳や富士山も見えます。キジバト、ゼゼボー、ぜぜぽー等と鳴く通称山鳩とかのばととかいわれる野生の鳩ですが小型の鷹のチョウゲンボウに襲われていました。田圃の畦で襲われていましたが私が近付くと鳩と同じくらいの鷹ですが軽々と脚でつかんで飛んで行ってしまいました。安全な処でゆっくりと食事するのでしょう。鳩には残酷ですがこれも自然界の摂理でしょう。ただチョウゲンボウやオオタカ等が生息している田畑や山野は環境が豊かである証であると言えるでしょう。
細田倖市

タイから帰った男と、とんかつを食べに行く

オフシーズンに、ひと月ほどタイ国を旅していたスタッフの波さん(左手前)が凱旋帰国。


山梨に立ち寄ってくれたので、一緒に韮崎のとんかつ屋「富来亭」さんに行って来ました。

今回は煮かつ(いわゆるカツ丼。山梨ではこう言うらしい)や天重を美味しくいただきました。


今シーズンのGW営業は、倖市さん・波さん・アオトと昨年からお馴染みのメンバーです。

ニューフェイスも数人加わる予定です。楽しみにされていてください(^^)


アオト


        
| 1/1236PAGES | >>