Categories

Archives

others

燕頭山頂のダケカンバの新緑。今日もドンドコ沢での道迷いの連絡が入りました。

DCIM8299.jpg
今日御座石から燕頭山コースで小屋に登っています。ドンドコ沢での道迷いの連絡がありました。滝をみるにはどの滝もピストンしてもとの道に戻り登山道を歩いて下さい。足に自信無いかたや山に慣れていないかたは御座石から燕頭山コースをおすすめします。ドンドコ沢コースよりも歩きやすいし時間も短いのでこのコースをおすすめします。僕達小屋の者はすべて荷揚げなどもこちらを利用しているので倒木や悪い場所は直ぐになおすので道迷いの心配もなく安心して歩けます。
今日は青空て清々しく風も心地良いです。小鳥やエゾハルゼミの鳴き声が賑やかです。甲斐駒ヶ岳や八ヶ岳、富士山、地蔵ヶ岳が綺麗に見えています。
細田倖市

今日から夏季営業始まります

15295801983100.jpg

おはようございます。今日もいい天気で、鳳凰三山がよく見えています。


今日から夏季営業ということで、昨日はスタッフのチカさんが合流。オーナーと一緒に韮崎の行きつけのとんかつ屋さんに行ってきました。


当分食べられなくなる下界の味…おいしかったです。


それでは今日からよろしくお願いします(^^)



アオト


昨日下山しました。6月22日(金)より夏季営業開始します。

15293723852780.jpg
昨日の下山中、燕頭山付近より(写真)。谷間を埋め尽くす雲海とそこに浮かぶ甲斐駒ヶ岳。幻想的な景色でした。


昨日下山しました。今週の6月22日(金)より鳳凰小屋は夏季営業に入ります。11月3日(土)まで休まず営業する予定です。

梅雨入りしたのに、今週末も天気がよくなりそうですね。今年も空梅雨なのかな。
今週末は細田倖市オーナーも入山予定です。皆さまのお越しをお待ちしております。


アオト

賽(さい)の河原のお地蔵さんを訪ねて

15293682997310.jpg

オベリスク直下にある賽の河原。砂地に足を取られながら息を切らせてようやく登り切ると、お地蔵さんたちが柔和な笑みで出迎えてくれます。


「何でここにお地蔵さんがいるのだろう」とふしぎに思う方もあると思いますが、実はこのお地蔵さんたち《子授け地蔵》として長らく信じられているのです。


次のような風習があります。

,泙此△子さんを授かりたいご夫婦やその親御さんは、賽の河原からお地蔵さん1体をお家に連れて帰ります。

⊆,法△地蔵さんを家に安置し、お子さんができるよう祈ります。

お子さんが無事産まれたら、連れて帰ったお地蔵さんとは別に、お礼としてもう1体お地蔵さんを用意します。その計2体を担いで登り、賽の河原にお返しするのです。

この風習のため、賽の河原のお地蔵さんは今でも毎年少しずつ入れ替わっています。


写真は先週末に神奈川県からお越しのYさん。3年前に賽の河原からお地蔵さんを担いで下り、昨年4月にお子さんを授かられたとのこと。今回お礼にお地蔵さんを担いで登っていらっしゃいました。

お子さんが大きくなられたら、ぜひご家族でまた登っていらっしゃってください。



アオト


今朝は気温6℃のくもり。おいしいベーコンとコーヒーをごちそうさまでした

15292765924890.jpg
今日は高ぐもり。稜線がすっきり見えているので、展望はありそうです。
温帯低気圧が太平洋沖にあるので、そろそろ雨がおちてくるかな。

写真は昨日テント泊&ご宿泊Oさんご一家とTさんご夫婦と。
昨日はベーコン、今朝はおいしいコーヒーをごちそうになり、忙しかった週末の疲れが吹っ飛びました。ありがとうございます。ぜひまた遊びにいらしてください。


アオト

        
<< | 2/1093PAGES | >>