Categories

Archives

others

入山しながら登山道整備!

倖市さんと愉快な鳳凰小屋の仲間たち。今日は入山しながら登山道整備です。


,泙艮軻山では【ゴミ拾い】。

かつて40〜50年前は、山にゴミを埋めるのが習慣のようになっていました。

近年のゲリラ豪雨で地表が削れたため、その頃の遺物が近年になって姿を現すようになりました。

昔から休憩所になっている燕頭山にはゴミがいっぱい。空き缶やビニール、中にはポンチョなども!


△次は【登山道整備】!

今回の大仕事は、大雨で崩壊して道幅が狭くなった部分。

斜面を切り拓き、

踏み固め、

大岩を、

家来たちが落とします(笑)

最後の仕上げをして、

完成です。

ほかに登山道の荒れた部分に補助ロープを付けたりもしてあります。


整備隊のみなさん、お疲れ様でした。



ちなみに先週には、常連のちばさんが【登山道の枝払い】などをしてくれています。

おかげさまで登山道の視界はスッキリ。道迷いの心配も少なくなりました。



しかも、登山口から稜線近くの樹林帯まで全行程を一人で。本当にお疲れ様でした。



アオト


倖市さんと新スタッフが入山中です。にぎやかになった鳳凰小屋で皆様のお越しをお待ちしております。

今日はくもりベースの鳳凰小屋です。

地蔵岳が見えていたり、青空がのぞいたりして、意外といい天気。昨日も結局ほとんど雨が降りませんでした。


食器を天日干し。


陽光を浴びて、クルマユリの花が元気です。


今日は新スタッフが登っています。


鳳凰小屋ひとすじ61年の倖市さん(オーナー)も一緒です。先日は雨が降って入山中止になったので、仕切り直しです。


付き添いは、さっちゃんといつもの小池さん。

四連休にお越しの皆さま、にぎやかになった鳳凰小屋でお待ちしております。



アオト


今日は午後からいいお天気でした。爽やかな陽光に照らされ、クルマユリが開花しました。

今日は午後から久々の快晴!

こんな青空を見たのはいつ以来でしょうか???

↑スタッフ一同、ここぞとぼかりに洗濯物干しがはかどりました。


日光を浴びてクルマユリが開花しました。鮮やかなオレンジ色がきれいです。


鳳凰小屋名物キバナノアツモリソウもまだまだ元気ですよ!


雨のシャワーを浴びながら、苦労の末登って来られたお客様は、皆様、意気揚々と稜線へ。今日は北岳などもよく見えて、大変喜ばれていました。


夕食も久しぶりに外のベンチで!


梅雨時の天気は、前線の動き一つでころころ変わりますから、やはり登ってみないと分からないですね。

明日もいいお天気になりますように!



アオト


四連休の予約状況です 〜予約枠に空きができました〜

ご予約のキャンセルがあり、宿泊者数に余裕ができましたので、お知らせします。


7月22日(水) ◎ まだまだ空きあり

7月23日(祝) △ あと数名

7月24日(祝) △ あと数名

7月25日(土) 〇 あと10名程度

7月26日(日) ◎ まだまだ空きあり


それ以外の平日は、ご予約が非常に少なく、のんびり過ごして頂けますので、平日もおすすめです。



アオト


今朝は予報はずれの青空。天気は一日持ちそうです。朝の気温は13℃。

おはようございます!

今朝はくもり空。地蔵岳もよく見えています。


…とブログを書いていると、

青空が広がってきました!


もともとの予報よりも梅雨前線が南下したので、今日一日はまずまずいいお天気になりそうです。


山は雲海の上です。朝イチで稜線に出られたお客様は眺望を喜ばれている頃でしょう。


梅雨時のお天気は、よくなることもあり、悪くなることもあり。その日になってみないと分かりませんね。


珍しいキバナノアツモリソウもまだまだ元気。

稜線では鳳凰三山名物のタカネビランジも咲き出しています。


明日もいいお天気になるよう願いつつ、週末の鳳凰小屋でお待ちしております。


(追記)その後、8時過ぎから小雨になりました(^^;) お昼過ぎから上がるようです。



アオト


今日は12日ぶりにお客様を迎えます。見頃を迎えたキバナノアツモリソウと一緒にお待ちしております。

今朝は気温13℃。

降り続く雨の中、鳳凰小屋名物「キバナノアツモリソウ」が見頃を迎えました。


雨に耐え、健気に咲いた、珍しくかわいらしい花です。元気なうちに、ぜひ見にいらっしゃってください。来週末くらいまでは咲いていると思います。



さて、昨日まで11日間続いたお客様ゼロ行進も昨日でおしまい!

明日明後日と久々にくもり予報となって、今日は12日ぶりにお客様を迎えられそうです。


梅雨明けまで、今しばらく時間がかかりそうですが、鳳凰小屋スタッフ一同も雨に負けず、元気一杯でお待ちしております!



アオト


鳳凰小屋の新型コロナ感染症対策について取り上げていただきました 〜読売新聞編〜

6月27日(金)に読売新聞の取材を受けました。


記者の伊丹さんは読売新聞社切っての山屋さんです。鳳凰小屋まで登っていらっしゃっての現地取材でした。

この日はちょうど天気もよく、夕食では皆様に外のベンチでカレーを召し上がっていただきました。


読売新聞(山梨県版6/30)の記事には、こうした取り組みのほかに、

「山小屋が登山者の緊急時の安全を守る役割を担っている」ことや、

「一つの山小屋で感染が広がれば、他の山小屋の営業も難しくなる」

といった内容も取り上げていただきました。(ちょっと上の写真では厳しいかもしれませんが)目を通して頂けますと幸いです。


鳳凰小屋の新型コロナ対策は、自粛期間中に情報を集め、細田オーナーとスタッフで議論を重ねて作り上げたものです。


◎お客様同士の、またスタッフへの感染リスクを可能な限り下げる。

◎お客様にできるだけ快適に楽しく山と山小屋で過ごしていただく。

この2点をモットーに、今後も日々、試行錯誤と改善を繰り返しながら営業を続けていきたいと思います。



アオト


鳳凰小屋の新型コロナ感染症対策について取り上げていただきました 〜ブログ編〜

鳳凰小屋の感染症対策について、とてもすてきなブログ記事を書いていただいたので、紹介させていただきます。


『山がまんなか』

「新型コロナ感染症対策@鳳凰小屋(2020.07.01)」

https://yama2iruyo.exblog.jp/31252671/


書いてくださったのは、鳳凰小屋のボランティアスタッフの小池さんです。

昨年は別のお仕事を持ちながら12回(つまり12週末)も鳳凰小屋のお手伝いに来てくださっていました。


現在の鳳凰小屋の雰囲気がとてもよくわかるかと思います。よろしければ読んでみてください。



アオト


今日は一日いい天気に恵まれ、山がにぎわいました。

今朝は9℃、きれいに晴れました。


稜線に上がった小池さんが景色を撮影して来てくれました。

少し分かりにくいかもしれませんが、地蔵岳の右には「幻日」(縦の虹)が現れています。とても珍しい光学現象です。


稜線は少し風があって肌寒かったみたいですが、みなさん風と雲が織り成す美しい景色を楽しまれたようです。


その頃、鳳凰小屋では…

冬季小屋がピンクに染まっていました。

ここぞとばかりに布団干しです。


今年はお客様用の布団を消毒&乾燥させながらローテーションさせています。アルコール消毒でも布団は湿るので、梅雨の晴れ間は例年以上に貴重です。


小池さんとさっちゃんが戻って来たので、ティータイム。スタッフが持っているのは、常連の熊さんから頂いた差し入れです。ありがとうございました。


今日は日帰りの方もとても多く、山が活気を取り戻したような一日になりました。



アオト


ミヤマカミキリモドキ、現る。


こんにちは。


みなさん、梅雨の時期いかがお過ごしでしょうか。


僕たち山小屋スタッフは先日入山し、本格的に営業を始めました。


先のブログ記事の通り、制約の多い形ではありますが、お客様も泊まりにいらして山を楽しまれています。


みなさまもぜひ、計画的にそして感染に注意して、鳳凰へお越し下さい。


さて、


タイトルにある通り、今日小屋の前にあるレアな虫が現れました。


その名も

「ミヤマカミキリモドキ」。



珍しい昆虫です。が、なぜか鳳凰小屋付近では良く現れるカミキリモドキ。


一部の方達は楽しみにしていた情報ではないでしょうか。


この子たちに会いたい、、、。

そう思う方もそうでない方も、どうぞ計画的にお越し下さいませ〜。


それでは。

ありがとうございました。


トミタ


        
<< | 2/22PAGES | >>